乳酸菌LG21を飲み続けた体験について

人間ドックでピロリ菌陽性との指摘を受け、1週間の薬物による除菌治療を受けましたが、除菌は失敗に終わりました。その後、再除菌治療を勧められました。

 

ピロリ菌陽性

 

しかし、薬物による除菌治療に懐疑的になってなっていたところ、テレビのCMで乳酸菌LG21がピロリ菌にも強いとの内容に興味を持ち、インターネットでその効能を調べました。その中で信頼できる情報として、LG21がピロリ菌の除菌に医学的に効果が認められているとの記事を目にしました。

 

そこで、薬による除菌はやめて、リスクにも強いとの内容から、このLG21を試してみることにし、毎日1個を食べ続けることにしました。こうして、日常的にLG21を食べ続けて、翌年の人間ドックでABC検査と胃カメラによるピロリ菌の検査を実施しました。

 

その結果は、なんと、ピロリ菌は陰性との検査結果が出ました。まさか、これだけで除菌できるとは思っていませんでしたので、驚きとともに、再感染防止も含め、LG21を食べ続けることが大切だと思いました。

 

この経験から、ピロリ菌除菌に失敗した友人がいましたので、LG21を勧めたところ、3か月後、友人からピロリ菌検査で陰性になったとの連絡がありました。この事から、LG21がピロリ菌除菌に効果があることを実感しました。

 

ただ、このことは、個人の体験であって、すべての人に有効なのか、ピロリ菌を完全に駆逐し得えたのかについては、はっきりと言えるものではありません。しかし、以来、LG21を毎日、夫婦で飲み続けて4年になりますが、LG21を食べるようになる前は、よく風邪をひいていましたが、飲み始めてからこの4年の間、二人とも1回も風邪をひいたことがありません。この事実は、この乳酸菌の力の何かを物語っていると思います。